藤岡市国民健康保険 鬼石病院

沿革

所在地・代表者等

昭和24年 日本ニッケル診療所を鬼石町が町立病院として継承(病床数 26床)、施設は旧鬼石町浄法寺地内
昭和26年 呼吸器科専門病棟102床を増床(病床数 128床)
昭和39年 6月 現在地に病院新築(鉄筋コンクリート2階建 1,220.6㎡)
一般病床 27床,結核病床 30床(計 57床)診療科:内科,呼吸器科,外科,整形外科,産婦人科,放射線科
昭和41年 6月 一般病棟 12床増床(2階部分 148.5㎡増築)一般病床 39床,結核病床 30床(計 69床)
昭和48年 結核病棟 30床廃止 (病床数:一般病床 39床)
昭和57年 7月 病院増築(鉄筋コンクリート2階建中病棟2階部分 221.7㎡)
昭和58年12月 病院増築(鉄筋コンクリート2階建中病棟1階部分 381.9㎡)
昭和59年 6月 群馬大学医学部より医師正式派遣(第二内科・第一外科医局)、東京医科大学より医師派遣については中止
昭和61年 6月 群馬大学整形外科医局より非常勤医師派遣
昭和62年 4月 検査室・エレベーター増築 (鉄筋コンクリート2階建 141.0㎡)
昭和62年12月 (給食棟増築 50.8㎡)
昭和63年 2月 一般病棟13床増床(病床数:一般病床 52床)
平成 2年 3月 病棟増築(鉄筋コンクリート2階建 1,938.4㎡)
平成 2年 6月 一般病棟 40床増床(病床数:一般病床 92床)
平成 2年 6月 眼科開設(群馬大学医学部眼科医局より非常勤医師派遣)
平成 6年 7月 病棟改修工事終了(療養型病棟開設のため)
平成 6年11月 一般病棟32床を療養型病棟に転換
平成 8年 4月 土曜外来休診となる。(土曜閉院,週休2日制確立)
平成 9年 3月 総合保健福祉センター完成(機能回復訓練室完成) スプリンクラー設備設置完了
平成 9年10月 老人保健施設竣工
平成 9年12月 老人保健施設オープン一般病棟55床・療養病棟27床に変更(老人保健施設建設に伴う減床)
平成11年 2月 一般病棟60床・療養病棟37床の計97床に増床
平成12年 4月 療養病棟37床のうち12床介護保険適用
平成12年11月 リハビリテーション科開設
平成13年 4月 病床数:一般病床60床・療養病床39床の計99床に増床
平成13年 4月 給食調理業務全面委託
平成13年 7月 院外処方開始
平成14年 4月 土曜外来再開
平成14年 鬼石町病院増改築基本構想策定
平成15年 鬼石町病院改築工事基本設計着手 改築用地取得
平成16年度 鬼石町病院改築工事
平成17年10月 介護保険適用病室を医療保険適用に変更
平成18年 1月 藤岡市との合併により藤岡市国民健康保険鬼石病院となる
平成18年 3月 改築工事完成
平成19年 9月 事務当直業務委託(藤岡市シルバー人材センター)
平成21年 5月 一般病床52床・療養病床47床に病床変更〔一般病床13:1から10:1へランクアップ〕
平成22年 4月 訪問看護ステーション開設
平成22年10月 療養病床25:1から20:1へ変更
平成23年 4月 老人保健施設 5床増床し全50床となる。
平成24年 4月 居宅介護支援事業所開設(老人保健施設内)
平成25年 6月 療養病床20:1から25:1へ変更
平成26年 5月 一般病床10:1から13:1へ変更
平成26年 8月 一般病棟 地域包括ケア病棟入院料1 算定開始(52床のうち18床)
平成27年 1月 一般病棟 地域包括ケア病棟入院料1 算定拡大(52床)

トップへ戻る