藤岡市国民健康保険 鬼石病院

薬剤科

『お薬相談』いたします

shiwake

 薬剤科では、皆様からの薬に関する質問に積極的にお答えいたします。
薬の効能は勿論のこと、飲みあわせや副作用、服薬中の生活上の注意点などを分かりやすく説明いたします。患者様が、安心して、薬と上手に付き合っていただきたいと願っています。
「飲んでいる薬のことを、もっと詳しく知りたい。」
「まだ不安な点があるので、再確認をしたい。」
など、薬に関しての不安や疑問、質問がありましたら、”おくすり相談”をご利用ください。
薬の正しい使用法を理解して、健康管理に役立てていただきたいと思います。
 患者様中心の医療が求められるなか、薬局では医薬品の適正使用に向けた薬剤業務を誠実に行いチーム医療の一員として、良質かつ適切な医療が提供できるよう心がけています。

『主な薬剤科の業務』

調剤

 処方せんの内容について、飲み合わせ・用法・用量・禁忌などのチェックを行い、患者様一人ひとりに適した形で調剤いたします。

病棟業務

 入院の患者様に対して『薬剤管理指導業務』と呼ばれる仕事をしています。これは入院なされている患者様の治療がより有効になるよう、患者様が飲まれているお薬について調べ、ベッドサイドでお薬の飲み方や薬効・副作用などを説明したり、患者様からの質問にお答えしたり、その他、「副作用は現れていないか?」などをチェックして、薬物治療がうまくいくように手助けしております。

注射ミキシング業務

 入院患者様の注射薬は、注射箋により個人別に取り揃え、混合調整します。また、独立した清潔な室内で高カロリー輸液や抗がん剤を無菌的に調製しています。

医薬品情報管理

 数多くある医薬品の、有効性や安全性などの重要な情報を収集し管理しています。患者様をはじめ医師や他のスタッフに最新の情報を提供しています。

医薬品の管理と供給

 病院内において医薬品の購入と保管の管理を一括に行います。
 医薬品は品質の管理(温度、湿度、光)が必要であり、安全に使用するための管理を行います。

お薬を受けられた皆様へ

 病院でお渡しするお薬は、医師が患者様の状態を診察して、一人一人の症状にあったものを選んであります。症状が同じだからといって、他人に渡したり、勧めたり、貸したりしてはいけません。特に、大人に処方されたものを、量を減らしたからといって子供に使用するのは大変危険です。

トップへ戻る